バックアップ Active Directory の構成

バックアップ Active Directory のインストールが終わったら Active Directory を構成します。1 台目とは設定が異なります。

1. Active Directory ドメインサービス構成ウィザードを開く

インストールが終わったウィンドウの「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」をクリックします。

2. 配置構成の確認

配置構成のウィンドウで「既存のドメインにドメインコントローラーを追加する」が選択され、ドメインに 1 台目で設定したドメイン名が表示されていることを確認して、「次へ」をクリックします。

3. ドメインコントローラーオプションの設定

下図のような状態になっていることを確認して、パスワードを設定します。設定したら「次へ」をクリックします。

4. DNS オプションの設定

DNS オプション画面で警告メッセージが表示されますが、委任処理はしないのでそのまま「次へ」をクリックします。

8. 追加オプションの設定

レプリケート元に 1 台目で設定したドメインコントローラーサーバーを指定します。指定したら「次へ」をクリックします。

6. パスの設定

データやログなどを格納するフォルダーを指定します。デフォルトのままにして「次へ」をクリックします。

7. オプションの確認

ここまでに設定した内容を確認します。問題がなければ「次へ」をクリックします。

8. 前提条件のチェック

設定した内容で問題がないかどうかチェックされます。合格と表示されたら「インストール」をクリックして設定内容をインストールします。

9. 再起動

インストールが終わると再起動処理になり、サインアウトメッセージが表示されるので「閉じる」をクリックします。が、クリックしなくても勝手に再起動されます。