DNS フォワーダーの設定

Active Directory をインストールすると DNS サーバーも一緒にインストールされます。インターネットで DNS というと URL から IP アドレスを取得するのに使いますが、Active Directory では主にコンピューター名から IP アドレスを取得するのに使われます。もちろん、URL から IP アドレスを取得するのにも使われます。
インストールしたままの DNS サーバーでは、インターネットの URL の名前解決ができません。解決できるように DNS フォワーダーを設定します。

1. DNS マネージャーの起動

Windows メニューから「DNS」をクリックして DNS マネージャーを起動します。

2. DNS サーバーのプロパティを開く

左側のサーバー名(この場合だと NGO-DC01)を右クリックして表示されたメニューから「プロパティ」を選択します。

3. フォワーダータブを選択

プロパティーのタブから「フォワーダー」を選択し、表示されたウィンドウの右下の「編集」をクリックします。

4. IP アドレスを入力

フォワーダーの編集ウィンドウの左上の部分をクリックして、フォワードする DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
フォワードする DNS サーバーとは、今、設定している DNS サーバーでは名前解決ができないときに、解決を依頼する DNS サーバーのことです。通常はブロードバンドルーターの IP アドレスを入力します。プロバイダーから、これを設定してくださいというような指定がある場合は、その IP アドレスを指定しても構いません。入力したら「OK」をクリックします。

5. 確認する

フォワーダーのウィンドウに戻るのでそこに、入力した IP アドレスが設定されていれば完了です。「OK」をクリックして閉じます。