IP アドレスの設定

サーバーとして運用するには IP アドレスを固定する必要があるので、IP アドレスを固定化します。

1. ローカルサーバーを開く

サーバーマネージャーのダッシュボードから「このローカルサーバー構成」をクリックしてローカルサーバーを開きます。

2. ネットワーク接続を開く

ローカルサーバーのイーサネットの右側の「IPv4 アドレス(DHCP により割り当て)」をクリックして、ネットワーク接続を開きます。

3. イーサネットを開く

LAN ケーブルで接続している場合はイーサーネットがあります。複数の LAN 端子があったり WiFi があったりする場合は、これ以外にも表示されていると思いますが、サーバーは安定して接続する必要があるので、必ず LAN ケーブル接続である「イーサネット」を使ってください。「イーサネット」をダブルクリックします。

4. プロパティを開く

イーサネットの状態の左下の「プロパティ」をクリックします。

5. IPv4 のプロパティを開く

イーサネットのプロパティが開いたら「インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。

6. IP アドレスの設定

プロパティが開いたら「次の IP アドレスを使う」を選択します。IP アドレスと DNS サーバーが設定できるようになるので次のように入力します。

  • IP アドレス:サーバーに割り当てる IP アドレスを入力
  • サブネットマスク:ネットワークに合わせたマスクを入力(多くの場合 255.255.255.0 で OK)
  • デフォルトゲートウェイ:ネットワークの出口の IP アドレスを入力(多くの場合、ブロードバンドルーターの IP アドレス)
  • 優先 DNS サーバー:DNS サーバーの IP アドレスを入力(プロバイダー指定の DNS かブロードバンドルーターの IP アドレス)

入力できたら「OK』をクリックします。

7. イーサネットのプロパティを閉じる

「閉じる」をクリックしてイーサネットのプロパティを閉じます。

8. イーサネットの状態を閉じる

「閉じる」をクリックしてイーサネットの状態を閉じます。

9. ネットワーク接続を閉じる

右上の閉じるボタンをクリックして、ネットワーク接続を閉じます。

10. 設定の確認

サーバーマネージャーに戻ったら右上の更新マークをクリックします。しばらくするとイーサネットの部分に設定した IP アドレスが表示されます。設定した通りになっていれば完了です。