XAMPP のインストール

XAMPP のインストールはとても簡単です。ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして、次へ次へと進めていくだけです。

1. OK をクリック

通常のプログラムフォルダー(C:\Program Files または C:\Program Files (x86) にインストールすると、 Windows のユーザーアカウント制御(UAC)により XAMPP の機能の一部が制限されます。という警告が表示されます。これは重要なので覚えておいてください。「OK」をクリックします。

2. Next をクリック

Setup 画面が表示されるので「Next」をクリックします。

3. Next をクリック

インストールする機能の選択をします。PHP アプリケーションを使った Web サーバーを構築するだけなので、次の機能だけにチェックを入れて他のものはチェックを外します。できたら「Next」をクリックします。

  • Apache:これはデフォルトでチェック済み
  • MySQL:データベースシステムとして使います(実際には MariaDB)
  • PHP:これもデフォルトでチェック済み
  • phpMyAdmin:データベースシステムをマネージメントする Web ツール

4. Next をクリック

インストールする場所を指定します。最初の警告にあったように、XAMPP は通常とは異なる場所(C ドライブの直下)にインストールされます。ここであえて通常のプログラムフォルダーを指定したりしないでください。デフォルトのまま「Next」をクリックします。

5. Next をクリック

WordPress などの PHP アプリケーションのインストールについての情報を表示するかどうかを決めます。「Learn more about Bitnami for XAMPP」にチェックをつけると表示するようになりますが、必要ないのでチェックを外します。外したら「Next」をクリックします。

6. Next をクリック

インストールの準備が整いました。「Next」をクリックします。

7. インストール開始

インストールが始まります。このまま終了するのを待ちます。

8. Finish をクリック

インストールが完了しました。「Do you want to start the Control Panel now?」にチェックをつけたまま「Finish」をクリックします。

9. Save をクリック

しばらくすると XAMPP のコントロールパネルが起動し、言語選択画面が表示されます。選択できる言語は英語とドイツ語しかありません。ドイツ語はわからないので、英語を選択して「Save」をクリックします。

10. 完了

XAMPP コントロールパネルが起動してインストールは完了です。