Apache の設定

Web サーバーとなる Apache の設定をします。XAMPP では設定ファイルが単純化されて、大きく次の 3 つのファイルに集約されています。

  • httpd.conf — Apache 本体の基本設定
  • httpd-ssl.conf — SSL 接続(暗号化通信)用の設定
  • httpd-xampp.conf — phpMyAdmin や Webalizer などの接続設定

これ以外にも多くの設定ファイルがありますが、基本的な設定はこの 3 つでできます。ここではセキュリティを考慮して、不要な機能や Web ページなどを削除します。なお、SSL 接続の設定については別途記載します。

1. Apache (httpd.conf) を選択

XAMPP コントロールパネルの中にある Apache の「Config」をクリックして表示されたメニューから「Apache (httpd.conf)」を選択します。

2. 不要な設定のコメントアウト

開いたファイルの 500 行目あたりにある次の 2 つの行の先頭に # を付けてコメントアウトします。コメントアウトしたら保存して閉じます。

#Include config/extra/httpd-user.conf
#Include config/extra/httpd-info.conf

3. Aapche (httpd-xampp.conf) を選択

再び XAMPP コントロールパネルから Apache の Config をクリックして、今度は「Apache (httpd-xampp.conf)」を選択します。

4. 不要な設定のコメントアウト

開いたファイルの 70 行目あたりにある、次の行の先頭に # を付けてコメントアウトします。この設定ファイルでは全部で 4 か所の変更をします。

#<Directory "C:/xampp/htdocs/xampp">
#    <IfModule php5_module>
#        <Files "status.php">
#            php_admin_flag safe_mode off
#        </files>
#    </IfModule>
#    AllowOverride AuthConfig
#</Directory>

5. 不要な設定のコメントアウト

2 か所目の変更です。80 行目あたりにある次の行もコメントアウトします。

#    Alias /licenses "C:/xampp/licenses/"
#    <Directory "C:/xampp/licenses">
#        Options +Indexes
#        <IfModule autoindex_color_module>
#            DirectoryIndexTextColor "#000000"
#            DirectoryIndexBGColor "#f8e8a0"
#            DirectoryIndexLinkColor "#bb3902"
#            DirectoryIndexVLinkColor "#bb3902"
#            DirectoryIndexALinkColor "#bb3902"
#        </IfModule>
#        Require local
#        ErrorDocument 403 /error/XAMPP_FORBIDDEN.html.var
#    </Directory>

6. 不要な設定のコメントアウト

3 か所目の変更です。100 行目あたりにある次の行もコメントアウトします。

#    Alias /webalizer "C:/xampp/webalizer/"
#    <Directory "C:/xampp/webalizer">
#        <IfModule php5_module>
#            <Files "webalizer.php">
#                php_admin_flag safe_mode off
#            </Files>
#        </IfModule>
#        AllowOverride AuthConfig
#        Require local
#        ErrorDocument 403 /error/XAMPP_FORBIDDEN.html.var
#    </Directory>

7. 設定の変更

最後の 4 か所目です。少し前に戻って 95 行目あたりにある設定を書き換えます。これはデータベース管理をする phpMyAdmin が同じネットワーク内から使えるようにする変更です。デフォルトでは XAMPP をインストールしたマシンからしか使えないようになっています。

ネットワークアドレスを指定する部分は次の形式で記述します。

  • ネットワークアドレス — 多くは 192.168.0.0、192.168.1.0 など
  • ネットワークサフィックス — ネットワークマスクが 255.255.255.0 なら 24、255.255.0.0 なら 16、255.0.0.0 なら8

全ての変更が終わったら保存して閉じます。

#Require local
Require ip ネットワークアドレス/ネットワークサフィックス

8. 不要なファイルの削除

XAMPP 関連の Web 用ファイルは実際の運用上は必要ないので削除します。削除するものは次のフォルダーにあります。このフォルダーの中のものは全て削除します。これで Apache の基本設定は完了です。

  • C:\xampp\htdocs