MariaDB の設定

データベースソフトの MariaDB には最初はパスワードが設定されていません。そこで最低限のセキュリティー対策としてパスワードを設定します。

1. Apache、MariaDB (MySQL) の起動

XAMPP コントロールパネルから Actions の下にある「Start」をクリックして、Apache と MariaDB (MySQL) を起動します。起動が完了すると下図のように Module のところのそれぞれが薄緑色になり、PID(s)、Port(s) に値が表示され Actions のボタンが「Stop」に変わります。

2. User accounts をクリック

Web ブラウザーで phpMyAdmin にアクセスしてアカウントの設定をします。アクセスする URL は次の通りです。

  • http://XAMPP をインストールしたマシンの IP アドレス/phpmyadmin/

下記のページが表示されたら「User accounts」をクリックします。

3. Edit privileges をクリック

ユーザーアカウントの一覧が表示されるので、ユーザー名「root」で Host name「localhost」にチェックを入れます。チェックを入れたら「Edit privileges」をクリックします。これ以外の root にはパスワードを設定しないでください。設定すると MariaDB が起動しなくなります。

4. パスワードを変更するをクリック

アカウント情報のページが表示されたら上部の「パスワードを変更する」をクリックします。

5. 実行をクリック

パスワード変更のページが表示されたら、「パスワード:」を選択してその右に適当なパスワードを入力します。Re-type: にも同じパスワードを入力します。入力できたら「実行」をクリックします。これでパスワードが設定できました。

6. phpMyAdmin (config.inc.php) を選択

phpMyAdmin に設定したパスワードを教えてやります。教えてやらないと phpMyAdmin から MariaDB に接続できなくなりす。XAMPP のコントロールパネルに戻り、Apache の Config をクリックし表示されたメニューから「phpMyAdmin (config.inc.php)」を選択します。

7. config.inc.php の設定

phpMyAdmin の設定ファイルが開きます。20 行目あたりの 2 か所を変更します。ひとつは「auth_type」を config から cookie へ変更し、もうひとつは「password」に上記で設定したパスワードを記述します。この設定ファイルでは行の先頭に // と記述するコメントアウトになります。

//$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config'
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie'

$cfg['Servers'][$i]['password'] = '設定したパスワード'

8. phpMyAdmin へログイン

再度、Web ブラウザーから phpMyAdmin へアクセスします。今度はログインページが表示されるので、パスワードに設定したパスワードを入力して「実行」をクリックします。

  • http://XAMPP をインストールしたマシンの IP アドレス/phpmyadmin/

9. データベースをクリック

MariaDB にはあらかじめ test というデータベースがインストールされています。これは MariaDB を初めて使う人が練習用に使用するデータベースなので、実際の運用には不要です。なのでこれを削除します。上部のメニューから「データベース」をクリックします。

10. 削除をクリック

データベースの一覧ページが表示されます。データベースから「test」にチェックを入れ、「削除」をクリックします。test 以外のデータベースは削除しないでください。これらは MariaDB または phpMyAdmin で必要なデータベースです。

11. OK をクリック

確認ダイアログが表示されるので「OK」をクリックします。これで MariaDB の基本設定は完了です。