Windows Server の入手

  • インストール済みサーバーマシンを購入する

ハードウェアを含め、一番手っ取り早い方法です。ただし、家電量販店などでの一般販売はないので PC 専門店または法人向け販売店やそのネット通販などで購入する必要があります。価格はピンキリで、20 万円台から数百万円あるいはそれ以上と非常に幅広いです。価格の点で言えば中古のインストール済みマシンを購入するという手もあります。

  • パッケージ製品を購入する

ハードウェアは別途用意し、Windows Server だけを購入する方法。Standard であれば通常のネット通販で 12 〜 18 万円程度で購入できます。Datacenter は法人向け販売店やそのネット通販で 95 〜 100 万円程度します。個人で使うなら Standard しかないでしょう。これでもかなり高いですが。

  • 評価版を入手する

購入するのは価格的に無理、という場合には評価版を試しに使ってみるという方法もあります。永遠には使えませんが 180 日間、つまり半年はフル機能を使うことができます。しかも Standard、Datacenter のどちらも使うことができます。
評価版はマイクロソフト社のダウンロードサイト(URL は時々変わるのでネット検索してください)からダウンロードします。ただし、ダウンロードするには Microsoft アカウントが必要になります。持っていない人は登録してください。また、ダウンロードするものにはいくつかの種類がありますが、ISO となっているものをダウンロードします。