ユーザーパスワードの有効期限

Windows Server 2012 R2 のユーザーパスワードの有効期限は 42 日間です。これを過ぎるとパスワードを変更するようメッセージが表示されるようになります。つまり「42 日ごとにパスワードは変更しなさい」ということなのです。しかし、システム的にそんなに頻繁にパスワードを変更することはできない、というような場合に備えてパスワードの有効期間を無制限にする方法が用意されています。

1. コンピュータの管理を選択

サーバーマネージャーのツールメニューから「コンピュータの管理」を選択します。

2. プロパティを選択

コンピュータの管理のウィンドウが開きます。左側からシステムツール、ローカルユーザーとグループ、ユーザーと選択してユーザーの一覧を表示します。表示された一覧から有効期限を変更したいユーザーをダブルクリックするか、右クリックしてコンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。

3. パスワードを無期限にするをチェック

ユーザーのプロパティウィンドウが開くので「パスワードを無期限にする」にチェックを入れ「適用」をクリックします。そのあと「OK」をクリックするとウィンドウが閉じます。

4. 閉じるボタンをクリック

コンピューターの管理のウィンドウに戻るので「閉じる」ボタンをクリックします。