IP アドレスの設定

多くの場合、IP アドレスは DHCP により自動で割り当てられていると思います。しかし、サーバーの場合は IP アドレスを固定する必要があります。

1. IPv4 アドレス(DHCP により割り当て)をクリック

サーバーマネージャーのローカルサーバーからイーサネットの「IPv4 アドレス(DHCP により割り当て)、IPv6(有効)」をクリックします。

2. イーサネットをダブルクリック

ネットワーク接続のウィンドウが開くので、イーサネットをダブルクリックします。複数のネットワークインタフェースがある場合は、メインとなるインタフェースをダブルクリックします。

3. プロパティをクリック

イーサネットの状態のウィンドウが開くので「プロパティ」をクリックします。

4. インターネットプロトコルバージョン 4 を選択してプロパティをクリック

イーサネットのプロパティのウィンドウが開くので「インターネットプロトコルバージョン 4 (TCP/IPv4)」をクリックして選択したら「プロパティ」をクリックします。

5. IP アドレスと DNS サーバーアドレスの設定

インターネットプロトコルバージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティのウィンドウが開くので「次の IP アドレスを使う」をクリックします。次に「IP アドレス」「サブネットマスク」に設定する IP アドレスとサブネットマスクを入力します。
アドレスは接続するネットワークに合わせて決めます。多くの場合は 192.168.xxx.xxx / 255.255.255.0 というクラス C のプライベートアドレスになると思います。下図ではクラス A (10.xxx.xxx.xxx / 255.0.0.0)のプライベートアドレスを設定しています。
「デフォルトゲートウェイ」にゲートウェイの IP アドレスを設定します。通常はブロードバンドルーターの IP アドレスになると思います。
「優先 DNS サーバー」には DNS サーバーの IP アドレスを設定します。これも通常はブロードバンドルーターの IP アドレスになると思います。これでダメな時はインターネットプロバイダーで指定された DNS サーバーの IP アドレスを指定してください。最後に「OK」をクリックします。

6. 閉じるをクリック

イーサネットのプロパティのウィンドウに戻るので「閉じる」をクリックします。

7. 閉じるをクリック

イーサネットの状態のウィンドウに戻るので「閉じる」をクリックします。

8. 閉じるボタンをクリック

ネットワーク接続のウィンドウに戻るので「X」の閉じるボタンをクリックします。

9. ローカルサーバーを最新の情報に更新をクリック

サーバーマネージャーのローカルサーバーに戻るので、丸に矢印の「ローカルサーバーを最新の情報に更新」をクリックします。

10. IP アドレスの確認

イーサネットの部分が設定した IP アドレスになっていれば完了です。