リモートデスクトップの設定

普段使用している PC からサーバーが操作できるようにリモートデスクトップを設定します。Windows Server では 2 つまでの同時接続が可能です。例えばローカルで Administrator が作業していても、リモートデスクトップで別のユーザー名(Administrator 以外)で接続して作業することができます。

1. 無効をクリック

サーバーマネージャーのローカルサーバーからリモートデスクトップの「無効」をクリックします。

2. このコンピュータへのリモート接続を許可するをクリック

システムのプロパティのウィンドウが開くので「このコンピューターへのリモート接続を許可する」をクリックします。

3. OK をクリック

リモートデスクトップ接続のダイアログが開きます。ここで OK すると、通常はファイアーウォールで遮断されているリモートデスクトップを許可し、接続できるようにまります。「OK」をクリックします。

4. OK をクリック

システムのプロパティのウィンドウに戻ります。「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを・・・」にチェックが入っていることを確認します。これをチェックすると Windows XP 以前の古いリモートデスクトップ接続からは接続できなくなります。セキュリティーを高めるためには必ずチェックを入れてください。「OK」をクリックします。

5. ローカルサーバーを最新の状態に更新をクリック

サーバーマネージャーのローカルサーバーに戻るので、丸に矢印の「ローカルサーバーを最新の状態に更新」をクリックします。

6. 有効の確認

リモートデスクトップが「有効」になっていれば完了です。これで他の PC からリモートデスクトップ接続でサーバーの IP アドレスへ接続すれば、ユーザー名 Administrator で接続できます。