Windows Update の構成

Windows Server も通常の Windows と同じようにアップデート更新の設定をします。Server の場合は自動更新ではなく、手動での更新にします。自動にした場合、夜中にインストールが行われ朝起きたら Windows Server の動きがおかしい、ということもありあます。そうならないようアップデートは確認して行うようにします。

1. 未構成をクリック

サーバーマネージャーのローカルサーバーから Windows Update の「未構成」をクリックします。

2. 設定の変更をクリック

Windows Update のウィンドウが開くので「設定の変更」をクリックします。

3. 更新プログラムをダウンロードするが・・・どうかは選択するを選択

設定変更に変わったら、重要な更新プログラムから「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」を選択します。これによりインストールそのものは手動で行えるようになります。さらに、「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」と「Windows の更新時に他の Microsoft 製品の更新プログラムを入手する」の 2 つにチェックを入れます。そして「OK」をクリックします。

4. 更新プログラムの確認

Windows Update に戻り、最初の更新プログラムの確認が実行されます。

5. xx 個の重要な更新プログラムが利用可能ですをクリック

確認が終わって更新するプログラムがあると、「xx 個の重要な更新プログラムが利用可能です」と表示されるのでそれをクリックします。

6. インストールをクリック

インストールする更新プログラムの選択の表示に変わります。本来であればこの中から必要なものだけをチェックしてインストールするのですが、よほど Windows Server に詳しくない限り無理なので自動でチェックされた状態のまま「インストール」をクリックします。

7. インストールの実行

インストールが始まります。最初は更新プログラムがないのでダウンロードが実行されます。そしてすべてのダウンロードが終わるとインストールが始まります。

8. 完了

インストールが完了すると「更新プログラムはインストールされました」と表示されます。Windows Server をインストールした直後はこの 1 回ですべての更新プログラムがインストールされるわけではないので、再び「更新プログラムの確認」をクリックして、他にないかを確認します。他にも更新プログラムがあった場合は同じように更新プログラムのインストールを行います。