Windows ファイアーウォールの設定

hMailServer のポート設定が終わったら、Windows Server のポートも設定します。

1. IMAP ポートの設定

Windows Server のファイアーウォールの設定で設定したポート番号を変更します。Windows のファイアウォール設定を開いて、IMAP として設定したポート番号 143 を以下のように「993」に変更して保存します。

2. SMTP ポートの設定

上記と同じように SMTP のファイアウォール設定を開き、設定されているポート番号 25 の後ろに、「465」をカンマで区切って追加して保存します。これで hMailServer の SSL 化は完了です。

3. メールクライアントの設定

メールクライアントソフトの設定を次のように変更します。これで hMailServer とのやりとりは全て暗号化されて行われます。

  • 受信設定
    ポート番号:143 から 993 へ変更
    暗号化:SSL/TLS 使用
  • 送信設定
    ポート番号:25 または 587 から 465 へ変更
    暗号化:SSL/TLS 使用