hMailServer のポート設定

SSL の設定ができたので、hMailServer とは全て暗号化通信するようにポート番号を変更します。結果としてメール関連のポート番号は次のようになります。これ以外のポートは使用しないようにします。

  • SMTP(25) : 外部からのメール受信用
  • SMTPS(465) : メールクライアントからの送信用
  • IMAPS(993) : メールクライアントの受信用

1. 不要ポートの削除

hMailServer の管理ソフトの左側のメニューの「TCP/IP ports」を開きます。開いたら右側の画面の「POP3」を選択して、「Remove」をクリックします。

2. 削除の確認

ほうんとうに削除して良いか聞いてくるので、「はい」をクリックして削除します。

3. IMAP ポートの変更

ポート設定画面に戻るので「IMAP」を選択して、「Edit…」をクリックします。

4. IMAP ポートの設定

設定画面が開いたら「TCP/IP port」に「993」、「Connection security」を「SSL/TLS」、「SSL Certificate」を hMailServer のサーバー証明書と秘密鍵の設定 で設定した設定名称を選択します。設定したら「Save」をクリックします。

5. hMailServer 再起動確認

ポート番号を変更したので、hMailServer の再起動確認のメッセージが表示されます。「はい」をクリックして再起動します。

6. hMailServer 再起動完了

再起動が完了すると、完了メッセージが表示されます。「OK」をクリックします。

7. SMTP ポートの変更

ポート設定画面に戻るので、587 の「SMTP」を選択します。選択すると右側に設定画面が開くので、「TCP/IP port」に「465」、「Connection security」を「SSL/TLS」、「SSL Certificate」を hMailServer のサーバー証明書と秘密鍵の設定 で設定した設定名称を選択します。設定したら「Save」をクリックします。

8. 再起動確認

上記と同じように再起動の確認メッセージが表示されるので、「はい」をクリックして再起動します。

9. 再起動完了

再起動完了のメッセージが表示されるので「OK」をクリックします。これで hMailServer のポート変更は完了です。