Hyper-V のインストール

Hyper-V は Windows Server の役割の一部なのでその役割を有効にするよう、役割と機能の追加という作業でインストールします。

1. 役割と機能の追加をクリック

サーバーマネージャーの管理メニューから「役割と機能の追加」を選択します。

2. 次へをクリック

役割と機能の追加ウィザードのウィンドウが開くので「次へ」をクリックします。

3. 次へをクリック

インストールの種類に画面が変わります。通常は役割ベースまたは機能ベースのインストールにチェックが入っているので、そのまま「次へ」をクリックします。

4. 次へをクリック

サーバーの選択に画面が変わります。これも通常はサーバープールからサーバーを選択にチェックが入っていて、自身のサーバーが選択されているのでそのまま「次へ」をクリックします。

5. Hyper-V を選択

サーバーの役割に画面が変わるので、役割の中の Hyper-V にチェックを入れます。

6. 機能の追加をクリック

ポップアップウィンドウが開いて Hyper-V に関連する管理ツールもインストールするかどうか聞いてきます。これがないと何もできないので「管理ツールを含める」にチェックがついていることを確認して、「機能の追加」をクリックします。

7. 次へをクリック

ポップアップが消えて元のウィンドウに戻ります。「Hyper-V」にチェックがついていることを確認して、「次へ」をクリックします。

8. 次へをクリック

機能に画面が変わります。ここでは何もせず「次へ」をクリックします。

9. 次へをクリック

Hyper-V に画面が変わります。ここでもそのまま「次へ」をクリックします。

10. 次へをクリック

仮想スイッチに画面が変わり、ゲスト OS が使う NIC を設定します。ここで設定した NIC を通してゲスト OS はネットワークと通信します。以下のように複数ある場合はホスト用とゲスト用を分けることをお勧めします。NIC を選択したら「次へ」をクリックします。

11. 次へをクリック

移行に画面が変わります。Hyper-V は 1 つのサーバーでしか使わないのでライブマイグレーション(Hyper-V が 2 つ以上あり別の Hyper-V から別の Hyper-V に、ゲスト環境を稼働させたまま移動させる機能)は使いません。そのまま「次へ」をクリックします。

12. 次へをクリック

規定の保存場所に画面が変わり、ゲスト環境を作成する場所(フォルダー)を設定します。デフォルトでは下図の場所が設定されます。仮想ハードディスクのファイルは実際の PC と同じように多くの容量が必要になるので、他に容量の大きなドライブがある場合はそこに変更することをお勧めします。設定したら「次へ」をクリックします。

13. 必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動するをチェック

確認に画面が変わります。インストールを完了させるには再起動が必要になります。そこでインストール処理が終わったら自動的に再起動するように「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れます。

14. はいをクリック

自動的に再起動して良いかどうかを確認するポップアップが表示されるので、「はい」をクリックします。

15. インストールをクリック

確認の画面に戻るので「インストール」をクリックします。

16. インストールの開始

結果に画面が変わりインストールが実行されます。処理が終わると自動で再起動されます。

17. 再起動後のインストール

再起動が終わるとインストールの最終処理が実行されます。

18. 閉じるをクリック

インストールが全て終わると以下のようになるので「閉じる」をクリックします。

19. 確認

以下のようにサーバーマネージャーに「Hyper-V」のメニューが表示されれば完了です。