ゲスト環境の作成

Hyper-V 上にメールサーバーや Web サーバーなどのゲスト OS をインストールする環境を作成します。ゲスト環境の作成は言ってみれば PC を組み立てるようなもので、メモリーはどのくらいだとか、ハードディスクはどのくらいだとか PC のスペックを決めていく作業になります。

1. 仮想マシンをクリック

Hyper-V マネージャーを起動して、操作メニューから「新規」をクリックして出てきたサブメニューから「仮想マシン」を選択します。

2. 次へをクリック

仮想マシンの新規作成ウィザードのウィンドウが表示されます。簡単な説明を読んだら「次へ」をクリックします。

3. 次へをクリック

名前と場所の指定の表示に変わります。「名前」にはわかりやすい名称を入力します。この名前は Hyper-V 上で仮想マシンを区別しやすくするためだけなので特に付け方のルールはありません。名前を入力したら「次へ」をクリックします。

4. 次へをクリック

世代の指定の表示に変わります。仮想マシンの世代、つまりバージョンを選択します。第 1 世代は昔ながらの BIOS を使った環境で、第 2 世代は UEFI を使ったセキュアな環境です。第 2 世代をお勧めしますが、Hyper-V を稼働させているマシンに依存するので、第 2 世代では仮想マシンを起動できない場合もあります。このサンプルを稼働させているマシンは第 2 世代では起動できないので、第 1 世代を選択しています。世代を選択したら「次へ」をクリックします。

5. 次へをクリック

メモリの割り当ての表示に変わります。仮想マシンに割り当てる(搭載する)メモリを設定します。動的メモリを使うとその時に必要なぶんだけを仮想マシンに割り当てることができます。そうすることにより多くの仮想マシンを同時に稼働させることが可能になります。「この仮想マシンに動的メモリを使用します。」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

6. 次へをクリック

ネットワークの構成の表示に変わります。これは Hyper-V のインストール時の仮想スイッチで設定したイーサネットになります。「接続」のプルダウンメニューから Virtual Switch と付いたネットワークアダプタを選択します。これを選択しないとその仮想マシンはネットワークに接続できなくなります。選択したら「次へ」をクリックします。

7. 次へをクリック

仮想ハードディスクの接続の表示に変わります。仮想マシンに割り当てる(搭載する)ハードディスクの設定をします。名前は上記で仮想マシンに設定した名前から自動で割り当てられます。特に変更する必要はありません。場所も Hyper-V のインストール時に設定した場所のままで特に変更する必要はありません。サイズは仮想マシンの用途に合わせて決めます。それぞれ設定したら「次へ」をクリックします。

8. 次へをクリック

インストールオプションの表示に変わります。仮想マシンに割り当てる(搭載する)光学ドライブを設定します。インストールするゲスト OS は後で設定するのでここでは何もせず「次へ」をクリックします。

9. 完了をクリック

要約の表示に変わります。設定した内容の概略が表示されるので確認します。間違っていたり変更したい場合は「前へ」をクリックして戻り、設定内容を変更します。問題がなければ「完了」をクリックします。

10. 仮想マシンの作成

設定した内容に従って仮想マシンの作成が始まります。

11. 設定をクリック

Hyper-V マネージャーに戻ります。ウィザードでは設定できなかったその他の設定をします。仮想マシンから設定する仮想マシンを選択したら、右側のメニューから「設定」をクリックします。

12. 適用をクリック

設定ウィンドウが開きます。左側のメニューから「メモリ」を選択します。次に右側に表示された詳細の「動的メモリを有効にする」にチェックが付いていることを確認します。そして「最大 RAM」に割り当てる(ゲストマシンに搭載する)最大のメモリ量を設定します。設定できたら「適用」をクリックします。
スタートアップ RAM は仮想マシンを起動するときに割り当てられるメモリ容量です。動的メモリでは、仮想マシンが稼働している時にアイドル状態などで、メモリ使用量が減ると使われなくなったメモリを解放します。この時、最低限どこまでメモリを残しておくかという設定を、最小 RAM に設定します。例えばスタートアップ RAM が 1024MB、最小 RAM が 512MB、最大 RAM が 4096MB の場合だと、起動時に 1024MB のメモリが割り当てられその後、メモリが必要になったり不要になったりした時に、512MB から 4096MB の間で増減することになります。

13. 適用をクリック

左側のメニューから「プロセッサ」を選択します。右側の詳細の「仮想プロセッサの数」に割り当てするプロセッサ数を設定します。ここの最大値は Hyper-V を稼働させている(ホスト)マシンのプロセッサ数及びコア数で変わってきます。例えば 4 コアのプロセッサが 2 つ搭載されていれば最大値は 8 になります。設定したら「適用」をクリックします。

14. 適用をクリック

左側のメニューから「自動開始アクション」を選択します。右側の詳細から「常にこの仮想マシンを自動的に起動する」をチェックします。ここをチェックしておくと Hyper-V を稼働させている物理マシンを起動した時に、仮想マシンも自動で起動させることができます。
複数の仮想マシンを自動的に起動させる設定をする時には、それぞれの仮想マシンの「起動待ち時間」に異なった秒数を指定して、同時に仮想マシンが起動しないように設定した方が良いです。こうすることにより、起動時のハードウェア資源の奪い合いを防いでスムーズに起動させることができます。チェックしたら「適用」をクリックします。

15. OK をクリック

最後に「OK」をクリックします。これで仮想マシンの作成が完了しました。