外部メールサーバーのメール取得

ドメインを取得していて、このメールサーバーでメールを直接受け取るような場合はこの設定は必要ありません。そうではなく外部のメールサーバーのメール、例えばインターネット接続プロバイダーで取得したメールアドレスのメールなどを自動で取得して、hMailServer で管理するメールアカウントのメールボックスに保存するような場合に設定をします。

1. Add をクリック

hMailServer 管理ソフトを起動したら、保存したいメールアドレスのアカウントを左のメニューより選択します。右側に表示された設定の中から「External accounts」タブをクリックし、「Add」をさらにクリックします。

2. OK をクリック

外部のメールサーバーの情報(どのサーバーのどのアカウントなのか)を設定します。取得したいメールサーバーのアカウント情報などを用意しておいてください。それぞれの項目の意味は以下のようになります。設定ができたら「OK」をクリックします。

  • Name:この設定情報につける名前。特に制限はありません。わかりやすい名前を付けます。
  • Enabled:この設定を有効にするかどうか。チェックを入れると有効になります。
  • Type:メールを取得するプロトコル。POP3 のみです。
  • Server address:取得するメールサーバーのアドレス。pop3.mal.xxxx.xxx など。
  • TCP/IP port:取得するメールサーバーのポート番号。特殊なポート番号を使用していない限り、次の Connection security と連動するので無視して構いません。
  • Connection security:取得するメールサーバーに接続するときの方法。次の中から選択します。
    ・None:暗号化は無し。使用するポート番号は POP3 の通常のポート番号の 110。
    ・STARTTLS:暗号化をする。使用するポートは None と同じ 110。
    ・SSL/TLS:暗号化をする。使用するポート番号は 995。
  • User name:取得するメールサーバーに接続するときのアカウント名。
  • Password:取得するメールサーバーに接続するときのパスワード。
  • Minutes between download:メールを自動取得する時間の間隔。単位は分。
  • Deliver to recipients in MIME headers:MIME ヘッダーに記載されている宛先にメールを配信。取得したメールの MIME ヘッダーに記載されている宛先のすべてに取得メールを配信します。
  • Retrive date from Received header:取得するメールサーバーで受信した日時を受信日時とする。このチェックを外すと hMailServer が自動取得した日時を受信日時とします。
  • Anti-spam:取得したメールのスパムチェックをする。別途、hMailServer にスパムチェックの設定をする必要があります。
  • Anti-virus:取得したメールのウィルスチェックをする。別途、hMailServer にウィルスチェックの設定をする必要があります。
  • Delete messages immediately:取得したメールを取得したメールサーバーから削除する。正常にメールが取得できたら取得したメールサーバからメールを削除します。
  • Delete messages after:取得したメールを指定した日にち後に取得メールサーバーから削除します。
  • Do not delete messages:メールを取得しても取得したメールサーバーからは削除しません。