macOS 初めての起動

Apple の新品の PC を初めて起動した時の設定です。通常のデスクトップの時と少し違う部分があります。サーバー用なのでできるだけ必要のない部分は設定しないようにします。

1. 地域の設定

この PC を使用する地域を設定します。「日本」が1つだけ表示されているのでそれを選択して「続ける」をクリックします。

2. キーボードの選択

この PC に接続するキーボードを選択します。英語版と日本語版の2つが表示されているので該当する方を選択して、「続ける」をクリックします。

3. データの転送

この PC ではサーバーとして新規に設定するため、他の PC からデータは引き継がないので「今は情報を転送しない」を選択して。「続ける」をクリックします。

4. 位置情報サービスの設定

どちらかというとモバイル用途の設定です。これは有効にしてもしなくてもどちらでも構いません。あとで変更することもできます。

5. Apple ID の設定

この PC はサーバーとして使用するため、個人的な Apple ID は使用しません。「サインインしない」を選択して、「続ける」をクリックします。

6. サインイン再確認

Apple ID へのサインインの再確認が表示されるので、「スキップ」をクリックします。

7. 使用許諾の確認

利用条件が表示され、使用許諾が求められます。同意しないことには使えないので「同意する」をクリックします。

8. 同意の再確認

同意の再確認が表示されるので、「同意する」をクリックします。

9. アカウントの作成

この PC を使う際のアカウントを作成します。設定できたら「続ける」をクリックします。

  • フルネーム:漢字でもローマ字でも構いません。適当なものを入力します。
  • アカウント名:フルネームで入力したものが半角英数字で表示されますが、わかりやすい別のものに変更しても構いません。半角英数字しか入力できません。
  • パスワード:適当なものを入力します。ここも半角英数字しか入力できません。
  • ヒント:パスワードを忘れても思い出せるような、ヒントになるものを入力します。
  • 現在の位置情報に基づいて、時間帯を設定:これをチェックしておくと自動でこの PC の時刻が設定されます。

フルネームとアカウント名の右にある絵(この場合はゴルフボール)をクリックすると他の絵に変えることができます。

10. 診断と使用状況

この PC の使用状況やアプリがクラッシュした時の情報を Apple へ自動送信するかどうかを設定します。できればチェックを入れて協力してください。嫌ならチェックを外してください。設定したら「続ける」をクリックします。

11. 完了

これで Apple PC が使用できるようになりました。